探偵初級講座

004

探偵の業務

調査の行ない方によっては犯罪となることもあります。
被調査者宅に無断で入った場合は家宅侵入罪となってしまいます。
警察ですと言って玄関のドアを開けさせれば詐称したことになります。
区役所で本人になりすまして住民票の請求をした場合、文書偽造及び行使になることもあります。
郵便物を集合郵便受から取っても信書隠匿罪です。
このように、一般の方が行なうと犯罪となってしまうことでも、探偵は合法的に調査出来る方法を知っているのです。
探偵の説明は以上ですが、探偵とはどのようなものか理解頂いたでしょうか。
「興信所」という言葉を聞いたことがあると思いますが、「探偵社」との違いはどのようなことでしょうか。
国語辞典によると「興信所」とは、商事または人事について、依頼に応じて秘密に調査報告する機関。とあります。
一般には、「探偵社」は内偵調査を必要とする業務を主とし、「興信所」は聞込み調査を主とする業務を行なうところ、と解釈されていますが人によっては解釈が違い、同じ業務内容でも社名に「探偵社」と出すところもあれば、「興信所」と出すところもあります。
現在、はっきりとした区別はされていないようですが、この講座は、より高度な内偵調査を必要とする依頼事項を解決できる「探偵」に関して記載したものです。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net