探偵初級講座

010

探偵の服装

探偵は、その時その時の状況によって、服装を変えます。と言っても、テレビドラマのように男性から女性、青年から老人などと極端な変装などはしません。
その様な変装をしても立居振舞がぎこちなく返って目立ってしまいます。
帽子をかぶってサングラスをするだけでも目立ってしまい、張込みをしているだけで「おかしな人が居る」と警察に通報されてしまう事が有ります。
探偵の変装とは、自分自身を他人に変える事ではなく、付近の状況にとけ込む事を目的としているのです。
日曜日に背広姿で調査に出たり、勤務先の割出し調査にジーパン姿では目立ってしまいます。
まず、調査に出る前に調査内容に合った服装を用意する事です。
平日の昼間であれば、会社員を装い男性でしたら紺系かグレー系の背広と女性でしたらやや暗いめのツーピースを着、車両内での着替え用にあまり目立たない普段着を用意しておけば良いでしょう。
冬でしたら、ジャンバーをトレンチコートに着替えるだけでも充分効果的です。
被調査者だけではなく周りの第三者に対しても不自然でない服装を準備してください。
サングラスは、人相を隠すには良いかもしれませんが目立ってしまいますので、眼が良い方でも黒縁のだて眼鏡を準備しておくと良いでしょう。
常時眼鏡を使用している人は、コンタクトレンズと併用すれば良いでしょう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net