探偵初級講座

013

カメラ

探偵にとって、カメラもまた必需品です。
予算が許す限り、良いカメラを、いく種類も用意した方がよいでしょう。
まず、コンパクトカメラと呼ばれる通称バカチョンカメラが一台必要ですが、これはできるだけ小型のものがよく、フラッシュは手動式のものが良いでしょう。
自動フラッシュですと、屋内にて撮影するときにフラッシュが焚かれて相手に気付かれてしまいますので、高感度フイルムを使用して、フラッシュを切っておかなければなりません。
コンビニエンスストアーなどで市販されている「写るんです」のようなレンズ付きフィルムでは、フラッシュの到達距離が非常に短く、三メートル以上離れた場所を撮影することができません。
手動式フラッシュで、発光到達距離があり、小型のカメラを常備し、ファインダーを覗かなくても、シャッターを押せば目指す対象者が撮影できるように訓練してください。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net