探偵初級講座

015

ビデオ

たいへん便利なカメラがビデオカメラです。
被調査者が異性と共に車で走行し、急にホテルなどに入ったとき、とっさにカメラでは撮影することができませんが、尾行車輌にビデオカメラを設置して、録画状態にしておけば、被調査者が急にホテルに入ったときでも録画されます。
また、ある場所に出入りする人物を漏らさず録画するのにも、普通のカメラでは機械を構えて待機していなければなりませんが、ビデオカメラですと、設置しておけば、一点を凝視して待機しなくてもすみます。
 例えば、被調査者がホテルから出てくる場合、夜間のホテル出口でカメラらを構えていても、車のヘッドライトで逆光となり、何も撮影されませんが、ビデオカメラを設置した車輛を被調査者が乗り入れたホテルの駐車場に駐車し、被調査車輛を録画状態にして、調査員はホテルに入れば良いのです。
 そうしておけば、被調査者と特別関係人が車輛に乗車する一部始終を証拠として得る事が出来ます。
録画された映像は、画像を普通の写真のように印画紙に写せる機械も市販されていますので、これを報告書に添付することが出来ます。
最近、デジタル変換により200倍以上の望遠機能を搭載し、尚且つ小型軽量のビデオカメラが市販されており、まだまだ進化する機材と考えられます。
このビデオカメラは、アイデア次第であなたのパートナーにもなることができるでしょう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net