探偵初級講座

019

図書館

図書館は非常に大きな情報源となるところです。
会社役員名簿・医師会名簿など、様々な名簿が出ており、生年月日や自宅住所地などを調べるには大変役立ちます。
また、住宅地図や古い地図なども揃っておりますので、大いに活用するべきです。
そして、新聞記事に関しても、過去の記事をすべて保管されていますので閲覧できます。
図書館で、目当ての図書が陳列されていないからと諦めてはいけません。古い図書などは特に、倉庫に保管されておりますので、図書カードを繰るか受付で遠慮なく聞くようにして下さい。思わぬ情報となる図書が見つかるかもしれません。
ある会社の社長に関して下調べしたい時には、先ず図書館に行き「紳士録」又は「興信録」等を見るのも良い考えです。
この「紳士録」や「興信録」は数種類あり、掲載されている人物はそれぞれの本によりまちまちで掲載内容は生年月日・出身地・現住所・経歴・趣味・家族構成など非常に参考になる事が掲載されています。
また、会社役員名簿や医療関係の名簿等もあり暇があればあちらこちらの図書館に赴きどのような資料があるか見ておくと良いでしょう。
企業調査などの場合は、まず最初に図書館に赴き、帝国データバンクより発刊している「帝国銀行会社年鑑」を調べればよいでしょう。
この年鑑は、1年に1回発刊され、東日本版と西日本版の2冊になっており、上場企業から中小企業まで幅広く掲載されており、内容は、役員・支店所在地・資本金・従業員数・取引銀行・仕入先・得意先・売上げ・利益・役員配当率・企業順位などが記載されており、大いに役立ちます。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net