探偵初級講座

024

利息と遅延

現在の利息制限法は、高利を抑止し貸主の暴利行為から借主を保護する事を目的としています。
制限最高利息は、
◎元金10万円未満・・・年20%
◎元金10万円以上100万円未満・・・・年18%
◎元金100万円以上・・年15%
また、利息以外に受取っていた礼金・手数料・調査料などのものは総て利息とみなされます。
次に、制限利息を越えた場合に関しては無効となり、裁判でも請求は認められません。
但し、債務者が制限超過利息を任意に支払った場合に関しては、その返還を請求する事は出来ませんので注意して下さい。

遅延損害金は制限利息の2倍までです。それ以上の金額を請求された場合は無効となります。
但し、この遅延損害金の請求は、最初に決められていなければなりません。
債務の不履行があってから請求しても最初に設定していなければ請求されても無効となります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net