探偵初級講座

033

襟取とは

「襟取り」と言う言葉は皆さん馴染みの無い言葉だと思います。
これは(えりとり)と読み、人間の顔が乗っている首の周りである「襟」この襟を手に入れる事を言います。
要するに、被調査者の人相及び風体の確認、自宅周辺や勤務先、よく立寄る飲食店、常時使用する車輌などを前以って下調べする事を「襟取り」と言います。
よく、「面取り」(めんとり)と言う言葉を耳にする方も居るでしょうが、この「面取り」とは被調査者などの顔を確認する 事をいい「襟取り」の中に含まれる一部の方法なのです。
探偵は、依頼者から調査依頼を受けた後、先ず最初に行なう事がこの「襟取り」です。
「襟取り」が巧く行なえなかったり、取残しがある場合は見逃しの原因になったり悪くすると被調査者に気付かれてしまい、調査が出来なくなってしまう事もありますので非常に大事な物である事を知っておいて下さい。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net