探偵初級講座

036

洗濯物襟取

被調査者が一人暮しの場合などについては、干されている「洗濯物を見る」事です。
女性の一人暮しの筈であるのに男性用の物が干されている場合もあります。
このような場合は、男性と一緒に半同棲的に生活しているか、極親しい男性が頻繁に泊まりに来ると考えられます。
但し、女性の場合は用心してわざと男性用の下着を干している場合もありますが、良く観察すればいつも同じ物であったり、只1枚だけ男性用のものが混ざって干されてあったりして不自然である事が解ります。
また、干されている洗濯物や量により、おおまかな家族構成を知る事も出来ますし、毎日洗濯をしているのか、2〜3日に一度洗濯をするのかによって、几帳面であるかどうかの目安にもなります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net