探偵初級講座

048

車輌の襟取

被調査者が常時使用している車輌がある場合、その車輌に関しても襟取りしておかねばなりません。
まず、車内を見て「高速道路領収券」がないか窓越しに調べます。
良く利用するインター名が解ります。
ガソリンスタンドの領収書なども見ておくと良いでしょう。
つぎに「走行距離」を控えておきます。
次回に控えた距離の差によりどれだけ走行したかが解ります。
その他「車内に置かれている品物」などを良く観察しておいた方が良いでしょう。
思わぬ手掛りが転がっている事もあります。
また、駐禁に掛かり「駐禁票」を付けたままにしている場合もありますので、何処でいつ掛かっているかを控えておきます。
そして、ボンネットや排気口を手で触ってみます。
ボンネットや排気口の温度によって駐車した大まかな時間が判ります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net