探偵初級講座

052

立ちんぼ

「立ちんぼ」とは表に立って張込みをする事を言います。
被調査者宅付近に車輌が乗入れ出来ない場所の場合は、自転車又はオートバイを配備して「立ちんぼ」を行ないます。
立ちんぼでの張込み場所は、相手が出てくる場所を肉眼で捉えられ尚且つ相手の顔が確認出来る場所を選定します。
そして、相手が出たら向かうと思われる「方向の反対で張込む」のです。
例えば、被調査者の自宅から東方向に相手の駐車場がある場合は西側にて張込むのです。
この場合、東側で張込んでいては相手が車輌に乗車する為に自宅を出、東方向に歩いて来た時に調査員と鉢合わせになってしまうからです。
西側で張込んでいた場合は、被調査者が自宅を出、東に向かうのでそのまま相手の後ろから尾行出来るのです。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net