探偵初級講座

054

張込場所選定

被調査者の自宅付近等で、車輌内にて張込む場合は、相手の自宅窓より見えない場所を選定する事です。
相手が用心していなくとも、「何気なく窓の外を見れば見慣れない車があり、中に人が乗っている」となれば気になってしょうがなくなってしまいます。
車輌を張込む場合に関しては、被調査者が路上駐車の場合、その「車輌の後方にて張込む」事を原則とします。
対象車輌の前方で張込んでいては、相手が発進した後すぐ横を通る事となってしまいますし、張込み時に後方を注視しなければならないので不自然な態勢での張込みになってしまいます。
また、対象車輌の反対側車線で張込んでいて相手車輌が発進した場合、Uターン出来ずに見逃してしまう事もあります。
信号のある交差点を挟んで張込んでいても、被調査者が発進した時に赤信号となり尾行出来なくなる場合もあります。
しかし、信号が無く、交通量の少ない交差点であれば、その交差点を挟んで張込んだ方が良い場合もあります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net