探偵初級講座

066

尾行開始時期

尾行調査で、マル被を見逃したり気付かれたりするのは、マル被が自宅を出た直後などの初動時に多く発生します。
長時間の張込みが続き、いよいよマル被が出て来た時に気を抜いていて見逃したり、マル被に気付かれないようにとの事ばかり考えていて、張込みから尾行に移る間隔が開き過ぎていたりして見逃す事が多く見られます。
また、マル被が自宅を出た姿を見て直に張込みから尾行に移ったりして気付かれる事が多いものです。
徒歩での尾行の場合は、マル被が行動を起したらやや余裕を持って尾行に移ると良いでしょう。
出来れば、付近の地理を事前によく理解してマル被が一つ目の角を曲がって次の角まで間隔があるようでしたら、その一つ目の角を曲がるまで尾行に移らずマル被の後ろ姿を観察しておけば良いでしよう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net