探偵初級講座

067

尾行前観察

マル被によっては、角を曲がる時に必ず後ろを振り向く癖がある場合もあります。
特に、用心しているマル被は自宅を出る時に一番用心しており、見慣れない物があればじっと観察する物です。
このような用心しているマル被が行動を起して直に尾行に移ったら気付かれてしまいます。
調査依頼を受けて、初日の尾行時点ではマル被がどれだけ用心しているか判りません。
依頼者が自分で調べようとして何度も尾行を気付かれているかもしれません、また、他の探偵事務所に依頼して、そこの調査員が素人で失敗してどうしようもなくなりこちらに依頼変更したかもしれません。
依頼者は、このような事実を話すと依頼料金が高くなると思ってこの事実を隠してしまいますので、初日の尾行はマル被が用心しているものと考えてやや間隔を開けて深追いしないようにし「マル被を観察するつもり」で掛かった方が良い場合もあります。
マル被が行動を起して直進した場合は、その時の人通りを見極め人通りが多ければ早めに、少なければやや遅めに尾行に移る。
張込みから尾行へと移るタイミングは、非常に難しくその場の状況とマル被の行動をよく見極めて最善のタイミングで尾行に移る練習をして下さい。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net