探偵初級講座

070

三人で尾行

3人で尾行する時は、マル被の斜め後ろに一人、その後ろに一人、マル被の真後ろに一人配備すれば良いでしょう。
また、やや大きな、中央分離帯のない道路で交通量の少ない時には反対側車線の歩道に一人配備しても構いません。
大きな道路では、マル被の反対側歩道を真横に並んで歩いてもマル被は気付かないことが多いものでが、交通量などを見てすぐさま車道を横断出来る様であればその様な尾行の方が気付かれ難くなります。
深夜など、交通量が少なく人通りも無い時などは、反対側歩道に二人配備した方が良い時もあります。
3人で尾行する時の交差点での配備は、二人で尾行する時と同様にし、後の一人は、マル被と反対方向に向かうようにします。
そして、マル被が後方を気にしていないことを確認してから尾行を再開するのです。
このように、3人がそれぞれの行動をして、交差点では、常に1名がマル被の視界外に居るようにするのです。
もし、マル被が交差点を曲がって後ろを振り向いているようなことがあっても、前以って合図を決めておき先導している調査員の合図によって行動すれば良いのです。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net