探偵初級講座

089

電車内監視

マル被が電車に乗った時、車内が非常に混雑していた時には、マル被のすぐ近くに移動します。
車内がすいていた時には、マル被の後部車輌にて座席に座って監視します。
この時、マル被が急に下車しても良いように、出来るだけ「出入口のドア付近」に座れば良いでしょう。
数人で尾行する時には、一つ箇所に固まらずに、散らばって監視し出来るだけ調査員同士会話をしないようにします。
マル被が電車を下車し、改札口に向かったら、購入した切符が乗越しであれば、乗越し用の自動販売機は使用せずに、小銭を用意して直接、改札口の駅員に切符を提示して差額を支払って駅を出ます。
乗越し用の自動販売機を使用していたらマル被を見逃してしまいます。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net