探偵初級講座

090

バスの尾行

マル被がバスに乗車したとき、調査員がオートバイを配備していたときには、そのままオートバイで尾行しますが、バイクを配備せずに徒歩で尾行していたときには、マル被と共にバスへ同乗しなければなりません。
この時、マル被が腰を下ろした座席よりも後方の座席に座らなくてはなりません。
マル被よりも前方の座席に座った場合は、一々後ろを振り返ってマル被を観察しなければなりませんし、マル被から丸見えになってしまいます。
マル被よりも後方の席に座れば、マル被の動向が観察でき、下車するしぐさをいち早く察知できます。
ワンマンバスの場合は、マル被が停車ボタンを押すそぶりを示したら逸早く先に停車ボタンを押して下さい。
誰かが同バス停にて下車するという意識をマル被に植付けるためです。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net