探偵初級講座

096

事故の対処

もし、マル被に暴力を振るわれても、反撃してはいけません。
貴方は、マル被の住所や勤務先などのなにかしらの情報を持っているのですから、調査が完了した時点で暴行を受けたとして告訴すれば良いのです。
但し、暴力を受けたら直に近くの病院に行って診断書を受取っておかなければなりません。
次に、このような事があってはなりませんが、尾行中の交通事故に関しては、事故を起しても起されても調査の事は放っておいて、最善の対処をしなければなりません。
尾行中に車輌で自転車と接触してしまったがあまり大した事が無いようだったので「ごめんなさい、今急いでいますから」と言って尾行を続ければ、ひき逃げされたと言われても仕方ありません。
次に、見逃した時の対処法ですが、地図の上でマル被が行動した経路を再確認して、車輌で大道りから細い道に入っているようでしたら、目的地が近いか、次の大道りへと続く裏道である可能性があります。
このような時には諦めないで、見逃した付近からマル被が向かった方向を徹底的に探すようにして下さい。
但し、闇雲に探すのではなく、地図を見てマル被の行動を分析すれば方角が出ますので無駄な労力を使う必要はありません。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net