探偵初級講座

100

作業服聞込み

作業服を着用して聞込みを行なう場合、次のように行なっている所があります。
前のNoで説明しました「ノーヒューズブレーカー」の点検というような格好をして、調査員は作業服・安全帽・安全靴・安全帯・軍手などを身にまとって、点検リスト用紙を持って、マル被の自宅に赴きます。
NFBとはノーヒューズブレーカーのことで、ELBとは、漏電ブレーカーの事です。
ELBは、NFBよりも大きく、付いている場合は1台だけですので直に判ります。
このリストは、マル被の両隣と向かいの分、マンションでは、マル被の階の部屋分を用意して、前以って住所地等の判っている箇所を総て記載しておきます。
使用者番号は、電気メーターに記載されていますのでその「番号を事前に記入」しておきます。
そして、出来ればマル被の並び端の家又は、マンションでは端の部屋から始めれば良いでしょう。
マンションなどでは声が廊下に響いて、マル被に聞こえますのでわざと大き目の声で隣の部屋の住人と話しをし、「ブレーカーの点検か、こちらにも来るな」と思わせば良いのです。
夜の仕事をしている女性などは特に、昼間は寝間着姿のままであったりしますので突然の訪問者があっても居留守を使う事があります。
このような時にも、マル被の部屋の端から始めればマル被に着替えをさせる時間を与えられる訳です。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net