探偵初級講座

106

聞込先選択

 前住所地で聞込む先がマル被と連絡を取っていないと判った場合は、「おめでたい関係で聞合わせに伺ったのですが」と言っても構いません。
 結婚調査の聞込みのことを「聞合わせ」(ききあわせ)と言います。
 この方法ですと、お見合いの話しが持ち上がっているのかと思われ、学歴・成績・性格・家族関係・エピソードなど色々な事が聞込めます。
 しかし、結婚の聞合わせと聞いてマル被の悪い事を言う人はまずいないと思われます。
 只、極希にマル被と仲が悪くていがみ合っていた人物に出くわす事があります。
 このような人物に出くわした時は非常に幸運です。
なぜならば、マル被と連絡を取る事もなく、マル被の色々な事を話してくれるからです。
 そこで聞込む前で聞いたマル被の良い事を持ち出して「しかしとっても気立ての良い方だと聞いていますが」等と言えば、あんな事もあった、こんな事もあった、などと様々な事を力説して教えてくれます。
 ですから、聞込んだ先で必ず「親しかった方は何処の方ですか、仲がお悪かった方はおいでになりましたか」と聞くようにすれば良いでしょう。
 そして、仲が悪かった人が居れば、そこから聞込みを始め、親しかった所は出来るだけ避けるようにした方が良いでしょう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net