探偵初級講座

118

指紋照合

 依頼者から、指紋や毛髪から相手を割出して欲しいと云う調査依頼もございますが、このような科学分析を必要とする依頼は、慎重に受けなければなりません。
 指紋の検出や毛髪から血液型程度であれば割と簡単に出来ますが、それが何処の誰であるかを割出す事は不可能です。
 但し、怪しい人物が何人か居り、その中の誰であるかを確定することは可能です。
 先ず、指紋に関してですが、依頼者がコップを持って来て、この指紋を調べて欲しいと言っても直に受けてはいけません。
 このような、科学分析をする指紋などが付着しているものを「検体」(けんたい)と言いますが、この検体が付着する前に、そのコップは、どういう状態で置かれていたものであるかを知らなければなりません。
 油が付着するような所に置いてあったのか、埃にまみれていたのかなどによって、検体が完全な状態で付着していない場合があります。
 また、検体が付着する前に、誰かが触っていたか、きれいに磨いてあったのかによって、誰かが触っていたのであれば、その人物の指紋を別に入手して照らし会わせないといけません。
 また、その人物が多数いた場合は、何人もの指紋が付着しており、マル被の指紋が完全な状態で付着していないかもしれません。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net