探偵初級講座

123

盗聴設置者

 家庭用一般電源を使用した集音機を設置された場合は、誰かが、合鍵を持っていないか、電気工事というような名目で誰かが室内に入ったことがないかを考えて下さい。
 もし、そのような事がなければ、引越して来る前の人物が盗聴されていた可能性があります。
また、引越して来る前の人物が故意に盗聴機を仕掛け、後で入居した人物の盗聴を行なうことも考えられます。
 この場合は、異性の生活状況を傍受することを目的として、引越す前に故意に盗聴機を設置することよりも、金銭目的で生活状況や入金状況を把握して、窃盗に及ぼうと画策する場合もあります。
 よって、マンションなどの場合は特に、前住居者が引越した後、家主が新しい鍵に交換せずに新入居者を受け入れる場合が多々ありますので、新居に越した場合は必ず、盗聴発見を行なうべきと推薦致します。
 現に、広域帯レシーバーにて電波を傍受すると、盗聴機器による発信であると判断できる電波が、すぐに傍受できるほど世間には盗聴電波が横行致しております。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net