探偵初級講座

124

盗聴受信機

 これらの集音機は、室内の音声を電波に乗せて、専用の受信機で録音出来るようになっています。
電波の到達距離は、100m位のものが多く、中には500m以上到達する物もありますので、付近に受信機を隠しているか、近所の室内か車輌内で聞いている事もあります。
 受信機は、たいてい録音機とセットされており、相手が室内に居て音声を発した時にだけ録音機が回り出すようになっており、150分テープを入れておけば、2時間30分以上も音声を録音出来ます。
 そして、1日に何回かテープを交換すれば丸1日の音声が録音されてしまいます。
受信機を隠す場合は、たいてい、50ccのオートバイなどに隠して、集音機を設置した家の付近に止めておく事が多いので、見慣れないオートバイが有ったら、張込んでいて、相手がテープを交換に来た時に捕まえれば良いのです。
 また、設置された付近の路上や駐車場に、人の乗った車輌が無いか見て回り、もし、車輌内でイヤホンを使用していたり、録音機などを触っていたりしていれば、その人間が設置である可能性が考えられます。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net