探偵初級講座

128

丸ヒューズ

 電話線は通常、電信柱付近に付いている長方形の黒いメンテナンスボックスから、各ヒューズボックスに繋がっており、そのヒューズボックスより各家庭に入り込んでおります。
 メンテナンスボックスは、付近の電話回線すべてが入り込んでいて、一つのボックスで100〜200世帯分の電話線が接続されておりますが、ヒューズボックスは通常、電話機1台に付き1つのボックスですので、目指すヒューズボックスを見つける為には、まず電信柱付近のメンテナンスボックスを見つけ、そこから出ている電話線をたどり、ヒューズボックスの在処を見つけ出すのが一番手っ取り早い方法です。
 ヒューズボックスは上に引っ張り上げるだけで簡単に開き、中に丸型ヒューズが2本設置されており、この内のどちらか1本を引き抜いて、発信機と取り替えれば良いのです。
 ドライバーや特別の工具など一切必要が無く、手慣れた人物であれば3秒から5秒で発信機とすり替えることが出来ます。
ヒューズの引抜き方は、丸型ヒューズを1本を摘まんで、ヒューズの下部を引っ張れば、下の接続部が抜けるようになっています。そして、下方向にずらせば取り外すことが出来ます。

【注意】ヒューズボックスを触ると罰せられます。
開けると判るようにテーピングしておきましょう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net