探偵初級講座

129

角ヒューズ

 電話線が直接家屋に入り、電話機に接続されておりますと、電信柱に雷が落ちた時などに、荷電が掛り、電話機から火災が発生する事があります。
 電話のヒューズは、これを防ぐ為に設置されております。
 角型ヒューズボックスは丸型ヒューズボックスと比べてボックスの外観の色がやや薄い灰色で、丸型ヒューズボックスよりも角が角張っておりますので、外観によって中が丸型か角型かが判断出来ます。
 角型のヒューズは1本だけボックス内に付いており、これも引き抜くだけで簡単に外れ、角型ヒューズと全く同じ外観の発信機を差し込めば良いだけです。
 電源は電話線に流れている電流を使用しますので、電池の交換も必要ありません。
 電話が通じている限り、半永久的に発信されます。
 角型ヒューズの抜き方も丸型ヒューズと同じですが、丸型ヒューズよりもやや固いので素手で外れなければヒューズの下部にマイナスのドライバーを差し込んでひねれば良い。

【注意】ヒューズボックスを触ると罰せられます。
開けると判るようにテーピングしておきましょう。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net