探偵初級講座

135

盗聴発見

 盗聴機器は、電波を利用したものが多くありますので、取付けられていそうな場所を目視により探しても、意外な場所に設置されている事もあり、偽造品を設置されていた場合などでは目視で盗聴機を発見する事は出来ません。
 そこで、発信されている電波を検知する機械が盗聴発見機です。
 この盗聴発見機は、一見トランシーバーのような外観をしている物が多く、アンテナに受信する電波によって、盗聴機からの発信電波を感知するようになっています。
 盗聴電波を検知すると、ブザー音で知らせるもの・ランプで知らせるもの・ブザー音とランプの両方で知らせるもの・電波の周波数を掲示するもの・受信音声をスピーカーから出すものなど多くの種類があります。
 この機械で、家の隅々まで調べると発信機が設置されている付近に行けばブザーが鳴って判るようになっており、検知出来る周波数は、FM、UHF、VHF等は勿論、携帯電話にまで反応しますので、この機械を使用する時は、携帯電話やコードレスホンは使用してはいけません。
 また、室内音声を傍受する盗聴機は、室内灯やスタンドなどの電源を入れると発信を開始する物もありますので、室内の電灯や電気製品はすべて電源が入った状態で行なうようにして下さい。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net