探偵初級講座

141

車輌使用者

現在登録証明の住所地に、当日の運転者がいなかった時にはどうすれば良いのでしょうか。
この時は、手っ取り早い方法は聞込みです。
次に、聞込みの例を挙げますが、このままの聞込みをしないようにして下さい。参考にして自分なりの聞込み方法で行うようにして下さい。
まず、車輌の使用者の電話番号が判れば、電話をして、使用者を電話口に呼び出します。
「そちらにホンダのシビックはありますでしょうか、実は、○月○日の○時頃、接触事故が有りまして、被害に会われた方がホンダのシビックで車番の12−34だけ覚えておいででしたので、全国のシビックを当っているんですが。」
と持掛ければ、誰かに貸しているのであれば、その人物の所在地を言う事でしょう。
しかし、警察です、等と絶対に言ってはいけません。
電話相手が、「警察の方ですか」と聞けば「いいえ、調査機関です」と答えれば良いでしょう。
軽自動車の場合は、普通車輌とは違い、登録制ではなく、申告制を取っておりますので、登録の場合は公開義務により提示を求められた場合は、公開してもらえますが、軽自動車やオートバイは、申告制の為、プライバシーの保全と言う意味において、公開してくれません。
しかも、取扱場所も軽自動車検査所という場所が別にあります。
軽自動車やオートバイの車番調査が入った時には、専門で行っている所もあります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net