探偵初級講座

146

身上調査

 身上調査で注意する事は、マル被は日本国籍であるか外国籍であるかによって、大きく違ってきます。
 祖父母の代に外国から日本に移住し、両親は母国語と日本語を話す事が出来るが、本人は日本語しか話す事が出来ない。
 しかも、日本と同じアジア圏を母国とし、一見しただけでは日本人と変わりが無い人が多くいらっしゃいます。
これらの人は、すべてが日本国籍に帰化している訳ではありません。
 「帰化」とは、母国の国籍を捨てて日本国籍に変更する事ですが、この帰化する条件は非常に難しい項目を満たしていなければなりません。
しかも、大変面倒な手続きが必要となりますので、多くの方が帰化せずに、外国籍のまま在留許可を得ている状況です。
 これら外国籍の人には、住民票や戸籍謄本などは日本にはありません。
唯一「外国人登録済証明書」(すみしょうめいしょ)を区役所で管理しているだけで、これは一切部外者の目には触れる事が出来なくなっております。
 よって、調査依頼を受理する時には、マル被が日本国籍であるか外国籍であるかを聞いておかなくてはなりません。
マル被が外国籍である場合は、手間隙が非常に掛かりますので、調査料金を多く請求する必要があります。

次の講座に進む
探偵になるには
携帯版メニュー
PC版メニュー
ts@tanteisha.net