盗聴盗撮

[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [珍事件]
探偵社
[リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所]
情報機器には、その目的により、次のように分類されます。

1、室内音声の盗聴傍受。
2、電話内容の盗聴傍受。
3、音声の集音盗聴。
4、意志疎通の手段。
5、盗聴機器の発見。
6、車輌の追跡。
7、盗撮

 室内に盗聴盗撮発信機を設置する方法は、その家庭に自由に出入出来る人間が設置したと考えて良いでしょう。
 しかし、置時計や電気スタンドなどの偽装品をプレゼントされて、それを寝室に置いた場合は、そこから盗聴傍受されるので、その偽装品を誰から貰ったかで犯人が判ります。
 家庭電源から電源を供給する盗聴機器や盗撮機器は、電線上であれば何処でも設置出来ますので、延長タップ自体が盗聴器である事もあります。
 また、壁にあるコンセントの差込み口や電灯のスイッチ内部に設置されていることもあります。
建物の外部から盗聴盗撮発信機を取付ける方法もあります。
 電話線は、電信柱から建物に入る手前で、ヒューズボックス又は、端子ボックスというものがあり、そのボックスの中に入っているヒューズを発信機と取り替えたり、端子に発信機を取付けたりするのです。


盗聴盗撮調査料金(下記料金は概要でご予算内で調査手段を検討します) 相談無料・秘密厳守

盗撮相談メールでご相談・ご依頼

盗撮相談電話での盗聴盗撮相談
電話 072-222-2358 無休受付
お気軽にご連絡下さい

帝国総合探偵社
調査対象 日数 調査料金
盗聴盗撮機器発見調査 1日 5万円より
盗聴盗撮機器設置犯人割出し 1日 15万円より
情報機器使用調査 1日 5万円より
車輛位置情報機器設置 1日 2万円より
探偵学校
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護