妾の相続権

[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [電話番号無料検索] [珍事件手記] [探偵初級講座] [事件速報]
探偵事務所探偵社探偵事務所
[就職希望一覧] [質問回答集] [掲示板] [チャット] [リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所] [サイトマップ]
妾の相続権
 被相続者が妾をマンションに住まわしていた場合、住所地に対する妾の相続権はどうなるのでしょうか?
「妾」とは、内縁や愛人と云った意味合いと違い、正妻の他に生活費や住居その他総ての面倒を看ている人物をいいます。

 マンションの名義が妾になっていた場合は問題ありませんが、被相続人が、妾の住んでいるマンションの名義人になっていた場合、建物の権利書と実印を妾に渡していた場合に関しては贈与されていたと判断されます。

 但し、その贈与が妾関係を維持するための手段であった場合は贈与契約は無効となります。
しかし、妾の生活を維持するためのものである場合に関しては認められます。
探偵学校初級講座メニュー
探偵学校
探偵
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
大阪府堺市堺区一条通15-22
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
探偵学校 浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護

妾の相続権