信号の熟知

[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [電話番号無料検索] [珍事件手記] [探偵初級講座] [事件速報]
探偵事務所探偵社探偵事務所
[就職希望一覧] [質問回答集] [掲示板] [チャット] [リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所] [サイトマップ]
信号の熟知
 車輌にて張込んでいる場合、只単に被調査車輌を注視しているだけでなく「付近の状況を良く観察」しておかねばなりません。
例えば、信号がそうです。
被調査車輌の前方の信号が青色の時は、そのもう一つ前の信号は何色になっているか等は非常に大切な事です。
被調査車輌の前方の信号ともう一つ先の信号が同時に変わり、色も同じであるならば、被調査車輌が発進して一つ目の信号が黄色で相手が交差点を直進しても直に発進する必要はありません。
もう一つ先の信号で被調査車輌は赤信号に掛かり停車しているからです。
 逆に、このような場合すぐに発進してしまっては、もう一つ先の信号で被調査車輌と共に赤信号に掛かってしまい、ルームミラーで見られる可能性も発生します。
被調査車輌の前方の信号ともう一つ先の信号が同時に変わり、色が逆である場合は、被調査車輌が一つ目の信号を通過したら直に発進しなくてはなりません。
もたもたしていると、一つ目の信号に掛かってしまい、被調査車輌はずっと先に行ってしまいます。
 また、交差点を左折した場合の一つ目の信号も見ておく必要があります。
交差点の信号が青色の場合は、左折した一つ目の信号が赤色であるならば、被調査車輌が交差点を左折した後、交差点の信号が赤色になる直前に通過すればよい訳です。
交差点の信号と左折した一つ目の信号が同時に変わり、色も同じ場合は、相手が発進し、左折したら直にこちらも左折しなければなりません。
 これは、相手が左折した場合のみで、右折した場合については、信号がどうであれ直に発進しなければなりません。
但し、左折して次の信号までの間に、信号が無い交差点がある場合に関しては、交差点の信号が青色で左折後一つ目の信号が赤色であっても被調査車輌が左折したら、直に後を追わないと信号の無い交差点を曲がる可能性があるので注意しなければなりません。
探偵学校初級講座メニュー
探偵学校
探偵
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
大阪府堺市堺区一条通15-22
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
探偵学校 浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護

信号の熟知