探偵学校初級講座

[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [電話番号無料検索] [珍事件手記] [探偵初級講座] [事件速報]
探偵事務所探偵社探偵事務所
[就職希望一覧] [質問回答集] [掲示板] [チャット] [リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所] [サイトマップ]
一見人調査
 依頼者が町を歩いている人を一目見て好きになり、後で考えるともう一度会いたくてしょうがないので調査して欲しいなどと言う依頼は眉唾物ですが、全く無いとは言えません。
 この手の依頼は、依頼者がその人物と会った曜日や時間などの他にも依頼者が暇な時間は絶えずその場所に行って、もう一度会えるのでは、と思い待っていたが会えなかった。思い余って、探偵に依頼を掛けたという所でしょう。
 マル被が、車輌に乗っていたとか、何処そこの店に入ったなどと言う手掛りがあれば良いのですが、ただ単に町中を歩いていただけであるならば、非常に難しい調査になります。
 先ず、何曜日の何時に何処でどのような格好をして何を持ってどの方向に歩いていたかを依頼者に聞きます。
調査員は、その人物の顔も知らず、依頼者の言う人相、風体のみで聞込みに入らねばなりません。
 そして、依頼者の言う風体や服装等から、マル被の職業を憶測します。
例えば、ネクタイ姿で、ワイシャツの背中にしわがよっていたのであれば、座席に着く時間が長い内勤のサラリーマンである可能性が高くなります。
 キョロキョロせずに、何も所持せず、まっすぐと歩いていたのであれば、その場所を常時通行している可能性が多いものです。
 マル被と会った時が平日の退社時間帯で、会社勤め風であれば、歩いて来た方向に勤務先があるかもしれません。
 また、時間がもう少し遅ければ、歩いて行った方向に自宅があるかもしれません。
 このように、まず、仮説を立てるのです。そして、その仮説にもと付いて聞込みを掛けていくのです。
しかし、偶々マル被がその日に限って、滅多に行かない友達の所へ行ったなどと言う事もありますから、簡単には出ないでしょう。
 また、この手の依頼は眉唾物と言ったのは、もしかすると、依頼者がマル被に言寄って、断られしつこくしたので付近に現れなくなったとか、又は、マル被に性的嫌がらせなどをして、こっ酷く叩かれたかして仕返しをしたくて探しているなどと言う事も考えられますので、用心して依頼を受けて下さい。
 喫茶店や、居酒屋などで、時々見掛けるなどと言う場合の依頼に関しては、非常にやり易く、頻繁にその店に来るようであれば、張込んでも良いですが、あなたの事務所からその店まで近ければ、次に依頼者がその店に行ってマル被と出会った時に連絡してもらうようにしておけば良いでしょう。
 しかし、マル被は極偶にしか顔を見せないのであれば、店の従業員にお願いして、それらしき人物が来たら、渡して欲しいと言って封書を預けておいても構いません。
 封書の内容は、
「ぶしつけで申し訳ありませんが、当社の調査に是非ご協力頂きたくお願いします、ご一報下さい。」
とだけ記載しておき、マル被から連絡が来れば
「担当の者が今出かけておりますので、連絡先をお聞かせ頂けますか」
と言えば良いのです。
 そして、連絡先から所在を割出して、依頼者に報告するのですが、出来れば所在地は依頼者に言わずに、依頼者からの封書を預かり、それを渡してマル被が所在を明かしても良いと言う事になれば依頼者に報告するようにした方が良いでしょう。
探偵学校初級講座メニュー
探偵学校
探偵
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
大阪府堺市堺区一条通15-22
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
探偵学校 浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護

探偵学校