[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [電話番号無料検索] [珍事件手記] [探偵初級講座] [事件速報]
探偵事務所探偵社探偵事務所
[就職希望一覧] [質問回答集] [掲示板] [チャット] [リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所] [サイトマップ]

珍事件手記 第13話 恐怖

恐怖珍事件
 私が探偵になって暫く経ったころ、通勤手段として路線バスを利用していた時期があった。
いつも深夜の最終バスで帰宅していたが、その帰宅途上に出くわした心臓が飛び出しそうな思いをした事件を紹介しましょう。

 午後10時45分発、これがいつも利用している終バスで、目的地まで40分程度を要する。
この時間帯は、乗客もまばらで、ほろ酔い加減のサラリーマンが利用するくらいである。

 このバス路線は、学生が通学に利用するためか、座席が少なく、長い座席が左右に設置されているベンチシートのバスであった。

 ある日、そのバスのベンチシートに腰掛けていたところ、途中の停留所にて乗車して来る客は滅多に居ないのに、この日は男性客が一人で乗り込んできた。
 その男性客は、私の向かいに位置する座席に座った。
その男性と私は向かい合わせとなったのである。

 暫くすると、その男性は片目を閉じたが、開いた一方の片目は私を見据えているではないか。
ウインクでもしているのかと最初は思ったが、片目で私をじっと見ている。

 探偵の仕事をしていると、逆恨みを受けることもある。
この男性に関して記憶をたどったが、心当たりはない。

 私は、相手の男性の見開いている片目を、にらみ返していた。
その時、バスが上下に大きく揺れた。

 その途端、信じられない事が起こったのである。

見開いた男性の片目が「ポロッ」と落ち、私の足元に転がってきた。

「ギャーーー、ヒーーー」

私は声にならない悲鳴を上げ、座席の上に立ち上がっていた。

 男性は、私の悲鳴に気付き「すみません」と会釈をし、落ちた眼球をハンカチで包んでポケットにしまった。

 その後、私は自宅でビールを数本空けて我に返ったが、どのようにして帰宅したか、その間の記憶はまったくない。
恐怖珍事件
第14話「ヌレギヌ」に進む
探偵学校
探偵
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
探偵学校 浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護

探偵養成所カウンター

恐怖・・恐怖?恐怖!やっぱ恐怖!恐怖かな?・・恐怖