[HOME] [会社案内] [探偵とは] [探偵学校] [調査依頼] [電話番号無料検索] [珍事件手記] [探偵初級講座] [事件速報]
探偵事務所探偵社探偵事務所
[就職希望一覧] [質問回答集] [掲示板] [チャット] [リンク] [役立ちサイト] [弁護士事務所] [行政書士事務所] [サイトマップ]

珍事件手記 第5話 誤解

誤解珍事件
 いつものように私のデスクの電話が、けたたましく鳴り響いた。

 私は、まだ入社してあまり長くはなく、単身にて調査現場を任されてはいなかった。
しかし、この電話で始めての単身調査を任されることとなった。
 依頼内容は、「ある暴力団事務所の組長が浮気をしている証拠写真の撮影」である。

 始めての単身調査にしては、物騒な仕事だと思ったが、「これが出来たら大きな自信がつく」と促され、有頂天で現場に向かった。

 その暴力団事務所は、頑丈な鉄の扉で閉ざされ、窓にも鉄の鎧戸が施されている。
そして、四方八方が監視できるように、いたる所に監視カメラが設置されているような「要塞」と称してもおかしくない建物であった。

 当然、付近で車輛にて張り込みをしていると、すぐさま組員が飛び出して来、「目障りだからあっちへ行け」と追いたてられる。
 何処かに良い張り込み場所が無いか探した所、組事務所前に廃墟ビルがある。
私は、その屋上にて張り込みを開始することにした。

 二時間程が経過した頃、不意に後ろから肩を叩かれた。

 私は、びっくりして振り向くと、人相が悪い如何にも極悪人と思われる屈強な男性4人に囲まれているではないか。

 私は、一目散にその場から逃げようと、一人の男を突き飛ばして走り出した。
しかし、後ろから腰を羽交い締めにされ、倒されてしまった。
 「どうせ殺されるのなら、とことん暴れまわってやる」と思い、まず私の髪の毛を掴んでいる男の顔を、思いっきり正面から殴ってやった。

「おとなしくしろ。」

 私を羽交い締めにしている男が叫んだが、黙って殺されてなるものか。
今度は、その男の小指を嫌というほど、捻じ曲げてやった。
 男は痛さに絶えきれず、私の腰に回している腕を解いた。

 すかさず、私は立ち上がり、横の男の股間を蹴り上げてやったが、もう一人の男に後ろから片腕を取られ、ねじ上げられてしまった。
 余った一方の腕で、私の腕をねじ上げている男の股間を引っつかんで、思いっきり力を込めた。

 ところが、私は、よってたかってボコボコにされてしまった。

 「もうこれまでか、残念」と思った時である。
その中の一人が、私の右腕を掴んだかと思うと、手首に冷たい感触が伝わり、

          ・・・・・・  ジャリッ  ・・・・・・

 という音がした。

 私の手首を見ると、手錠が掛かっているではないか???

「手間掛けさせやがって、署でゆっくり話を聞こうか。」

 私は、覆面パトカーに乗せられ、警察署に連行され、散々しぼられた。
警察であると告知する暇もなく、私が殴りかかったから、私が悪いと言うのである。

 「どうして私服警官が来たのか」と質問したところ、少し前に郵便強盗事件が発生し、非常体制を執っていたところ、「おかしな人物が廃墟ビルの屋上に居る」との通報を受け、強盗犯人が私の風体にそっくりであったらしい。
誤解珍事件
第6話「失敗」に進む
探偵学校
探偵
受講申込探偵学校の詳細はこちら

受講申込通信教育希望者はこちら

受講申込探偵教材の購入はこちら


帝国総合探偵社
sougou@tanteisha.net
お電話での受付・ご相談 072-222-2358
ご質問ご要望はお気軽にお電話下さい(無休)
探偵学校 浮気調査浮気調査
結婚調査結婚調査
素行調査素行調査
企業調査企業調査
行方調査行方調査
証拠蒐集証拠蒐集
盗聴発見盗聴発見
番号調査番号調査
資産調査資産調査
犯罪調査犯罪調査
身上調査身上調査
警護護衛護衛警護